アトピーの人の化粧水選びは完全無添加がおすすめ

アトピー肌の人は様々な肌に刺激となるような成分が無配合の
完全無添加の化粧水がオススメです。

>>徹底的に無添加にこだわったEGF美容液&化粧水

アトピーの人は化粧水選びに困りますよね。
下手な化粧水をつけると顔がヒリヒリしたり赤くなる事なんてしょっちゅう。
化粧水をつけた途端にピリピリ、刺激となる経験をしているアトピーの女性も多いのではないでしょうか。

低刺激の、敏感肌用の化粧水を使ってみても、肌荒れをしたり沁みたりするのです。

酷い時だと、化粧水をつけたら顔が真っ赤になってすぐさま洗顔しても
腫れたようになったり、かぶれてただれたようになった事があります。

でもかといって、アトピー肌に刺激にならないような化粧水を求めていくと
保湿力が足りなかったり、乾燥が気になったりするのです。

私の友達が化粧品メーカーの美容部員だったので、高価な化粧水と美容液を
試しにつけさせてもらった事があるのですが、つけた途端にヒリヒリ、しみてしまい、
やっぱり無理でした。

どんなに高価な化粧水もアトピーで敏感な肌に合わなければ意味がないのです。

色々と調べていくうちに、化粧水に含まれている成分が原因でアトピーの肌に
刺激となっている事がわかりました。

アトピー肌に刺激となるものとは?

アトピー肌に刺激となる成分とは様々な化学物質の事なのですが、

合成界面活性剤や合成保存料、合成香料などの成分は
敏感な肌には肌荒れを起こしやすい場合があるのです。

保湿成分たっぷりとか美容成分とかなどいろいろな機能がついている化粧水には
これらの化学物質成分が多く含まれている事も多い為、アトピー肌には良くありません。

無添加化粧品だけど化学物質がてんこ盛りの事も

無添加化粧品というと、無添加で肌に優しそう、だからアトピーでも大丈夫かも。

って思いますよね。

私もそう思っていくつか無添加の化粧水と書かれている化粧水を買って使ってみた事がありますが、
肌がピリピリして最後まで使い続ける事が出来ませんでした。

実は無添加といっても、添加されていないのは一部指定された肌に刺激となるとされる成分のみだけで
それ以外にも肌に刺激となる成分は多くあるのです。

その中でも先ほどの合成界面活性剤などはアトピー肌には負担になります。
台所洗剤には成分が「合成界面活性剤40%配合」などと書かれていますが、
私はアトピーの為、素手で食器洗いをすると確実に肌が乾燥、バリバリ、肌荒れします。

そしてアトピーの人は季節の変わり目やストレスが多いとかで、
アトピーの調子が悪くなる時がありますよね。

肌の調子が悪くなってきて、過敏になった肌にこれらの合成界面活性剤などの
化学物質が更に反応しやすい状態になったりするのです。

バリア機能が低下している状態だからです。

合成界面活性剤はバリア機能を壊して、保湿成分や美容成分などを
浸透させる機能がありますので、バリア機能が元々弱いアトピーの人には
どうしても刺激となりやすいのです。

前は大丈夫だったのに、化粧水が合わなくなってきたというのも起こりがちですが、
これらも肌のバリア機能が低下し、肌が化学物質に反応しやすくなった為と考えられます。

アトピー肌でも安心して使える化粧水は、上記の化学物質が含まれていない化粧水
使うことです。

おすすめなのは合成界面活性剤などの化学物質が含まれていない完全無添加なのに
保湿や美容成分がたっぷり入っている化粧水のブルークレールです。

>>徹底的に無添加にこだわったEGF美容液&化粧水

投稿日:

Copyright© アトピーでも化粧がしたい!成分で選ぶ化粧品 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.