成分

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

更新日:

ノンケミカルの日焼け止め、紫外線吸収剤フリーとか、紫外線吸収剤不使用という日焼け止めが最近増えていますが、日焼け止め効果のある成分の、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いをまとめてみました。

 

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて、化学反応を起こす事によって紫外線を皮膚から防いでぎます。

肌の上で化学反応が起きるので、肌に刺激になることが多く、日焼け止めを塗ったら肌がかぶれたという人はこの紫外線吸収剤が原因の場合があります。

紫外線吸収剤の成分は以下のようなものがあります。オキシベンゾンメキゾリルSXグアイアズレンサリチル酸フェニルパラアミノ安息香酸パルソールセバメドなどです。

紫外線散乱剤とは

紫外線散乱剤の働きは、紫外線を肌の上で反射・散乱させることによって、紫外線から肌を防御します。金属を酸化させた粉や細かい粘土質の粉などが用いられます。酸化チタンや酸化亜鉛などの白色の無機粉体が代表的です。酸化亜鉛には消炎作用もあるので、日焼け後のアフターローションにも配合されています。

紫外線散乱剤で代表的な成分は、酸化チタン、酸化亜鉛のほかに、酸化セリウム、カオリン、タルクなどがあります。

紫外線吸収剤と違い、化学変化を起こさないので肌にやさしいのが特徴です。ただし、散乱剤を使った日焼け止めは、厚く塗ると白く粉っぽくなりやすいのがデメリットです。

普段使いには紫外線散乱剤配合の日焼け止めを

上記のとおり、紫外線吸収剤は日焼け止め効果も高いものも多く、伸びが良かったり、仕上がりが良かったりなどで、多機能化粧下地やファンデーションなどにも配合されている事も多いのです。

ですが、肌に負担をかける事も多いので、また中には発がん性が高いなど毒性の高いものもある為、長時間強い紫外線を浴びる時などの限定的使用にした方が良いです。

 

日常の紫外線対策には肌にやさしい紫外線散乱剤配合の日焼け止めを使う事をお勧めします。

おすすめファンデーション

アトピーでも大丈夫!おすすめファンデーション

-成分

Copyright© アトピーでも化粧がしたい!成分で選ぶ化粧品 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.