日焼け止め

無添加の日焼け止めは白浮きする?

投稿日:

無添加の日焼け止めを選ぶ人が増えてきているのか、大手メーカーでも刺激の少ないノンケミカルの日焼け止めが多くなってきています。

UVカット効果が高くても、日焼け止めにかぶれてしまったという人も多いんですよね。
私がアトピーでも使えるような肌に優しい日焼け止めクリームを探している時も、日焼け止めで肌荒れしたという人が多くいました。

これはSPF値の高い日焼け止めクリームの成分によく配合されている紫外線吸収剤が、肌に刺激となることが多いので、それが原因の人も多いようです。

実際、私も昔SPFの高い、ウォータープルーフのUVを塗ったら、真っ赤になった事があります。
しばらく肌の調子が悪かったので、結構大変でした^^;

紫外線吸収剤入りの日焼け止めで肌トラブルが起きた人も多いので、無添加・ノンケミカルの日焼け止めが多くなったのでしょうね。

でも、無添加の日焼け止めは確かに肌に優しいけれど、白浮きするのを気にする人も多いようです。

ノンケミカルの日焼け止めと表示されているものは、紫外線吸収剤不使用で、代わりに紫外線対策として紫外線散乱剤が配合されています。

紫外線散乱剤の代表的な成分は、酸化チタン、酸化亜鉛ですが、紫外線散乱剤のデメリットとして白くなってしまうことなんですよね。

また若干、乾燥しやすいという面もあります。

おすすめファンデーション

アトピーでも大丈夫!おすすめファンデーション

-日焼け止め
-,

Copyright© アトピーでも化粧がしたい!成分で選ぶ化粧品 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.