成分

パラベンなどの防腐剤はアトピー肌にも悪い?

更新日:

パラベンなどの防腐剤はアトピーにも良くないと言われる事が多いです。
防腐剤は化粧品の安定の為に、殺菌目的で使用されているものなので、たしかにアトピーの敏感な肌に刺激となる可能性は高そうです。

パラベンの種類

パラベンには、メチルパラベン、プロビルパラベン、ブチルパラベン、エチルパラベンなどの種類があります。
このサイトでも参考にしている「毒性判定事典」でも、パラベンは数種類入っていたら毒性ありという判定です。

ただし配合量(成分濃度)を少なくするために数種類のパラベンを配合するという目的もあるようなので、数種類入っていたから肌に悪い!というわけでもなさそうです。

パラベンの毒性

パラベンは防腐剤の中でも使用されている歴史が長く、化粧品以外にも、食品や医薬品などにも保存料・防腐剤として幅広く使用されています。
長い間使われていることでも比較的防腐剤の中でも安全性が高いとされているようです。

パラベンはアトピー・敏感肌など、敏感な肌の人にとってはアレルギー反応を起こさせるという事で、パラベンは肌に良くないというイメージが多くあります。

パラベンフリーの化粧品

パラベンが肌に刺激になるという事で、パラベンフリーの化粧品などもよく見かけるようになりました。
でも、パラベンフリーとされていても、防腐剤フリーなわけではないので注意が必要です。
パラベンの代わりによく使われているのは、フェノキシエタノールですが、これにも肌が刺激になるという人もいるようです。

防腐剤不使用の化粧品

ファンケルなどは防腐剤不使用の化粧品メーカーとして有名ですよね。化粧水や乳液、ヘアケア製品まで防腐剤不使用となっています。
化粧品のこだわり - ≪ファンケルオンラインショップ≫無添加化粧品の通販

ただし有効期限や、開封後の期限はとても短くなりますので、使用には注意が必要です。

結局防腐剤ってアトピーにどうなの?

個人的にはあまりない方が良いけど、成分量がかなり少ないのでそこまでの影響はないのではないか?と思っています。
優先順位としては、合成界面活性剤や、紫外線吸収剤、合成ポリマーの方を先に気にして選んだ方が良い感じを受けています。

また、ファンケルが防腐剤不使用だから肌に優しいかというと、そこがまた微妙な所で、私はファンケルは合いませんでした^^;
とっても昔に使った話なので、また現在とは違うのかもしれませんが、成分を調べてみると、確かに防腐剤は入っていませんが、合成界面活性剤や合成ポリマーも意外と入っています。

手作り化粧水なども危険

一時期、アトピーの調子が悪く、顔がアトピー症状満載だった時、肌に刺激となる成分は一切入れないで保湿しようとして、手作り化粧水に挑戦したことがあります。
確かに肌に刺激にならないで自分で成分を決めて作れるので、アトピーがそれで悪化する事はなくて良かったのです。

が、保存にかなり気をつけなくてはいけないのと、せいぜい2週間位で作り直した方が良いということで、その手間が面倒なのと(^^;)、管理が適当過ぎたのもいけないのでしょうが、作って間もない時に変色してたりして、使うのに躊躇したことがあるので、ちょっと怖いなって思った事があります。

そういう経験もあって、品質維持に防腐剤はやっぱり必要かも…と思っていたりします。

化粧水も何つけても合わないという人には、手作り化粧水がおすすめですが^^;

おすすめファンデーション

アトピーでも大丈夫!おすすめファンデーション

-成分
-,

Copyright© アトピーでも化粧がしたい!成分で選ぶ化粧品 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.