成分

合成界面活性剤はアトピーに悪い?

更新日:

本来混ざらない水と油を混ぜ合わせたり、化粧品に含まれる成分を浸透させるために使われる合成界面活性剤。
合成界面活性剤というと、食器用台所洗剤には合成界面活性剤○%などと書かれているのでわかりやすいですが、基礎化粧の化粧水や乳液、ファンデーションなどのメイクアップ用品にも色々と使われています。

合成界面活性剤は皮膚のバリアを壊す

この合成界面活性剤は、皮膚の脂質を流出させ、皮膚のバリアを壊すと、私が参考にしている「毒性判定事典」には、肌に悪い成分として書かれています。
また石けんなどの界面活性剤は洗顔後に皮膚に残っても皮膚の酸分によって界面活性がなくなり安全化するし、酸性化粧水や酸性リンスで石けんを壊すことができる。でも、合成界面活性剤の場合は皮膚に残り、皮脂や角質細胞間脂質に滞留して、脂質の流出の原因となり、バリア機能を弱めると説明されています。

昔、市販のシャンプーでは痒くなるし、手荒れも酷かったので、肌に良いものをと、石けんシャンプーを使って酢リンスで中和ということをしていたのですが、これを読んで納得しました。

食器用台所洗剤で皮膚が劇荒れ

合成界面活性剤がアトピーに悪いかどうかは、最終的には個人差になるかと思います。
台所合成洗剤で手荒れが酷くなる人は、化粧品もなるべく避けた方が良いでしょう。
私は、ジョイを使うと大変な手荒れになります。ジョイは合成界面活性剤の配合量が多いのです。含有率が40%以上と書いてあるとかなり皮膚にもキツイので注意が必要です。

普段、ゴム手袋で食器洗いもしていますが、たまに素手で洗ってしまう時もあるのです。(調子のいい時に…^^;)
それでうっかりすると、手がガビガビになったり、痒みが出たりします。速攻で来るのでわかりやすいです。

合成界面活性剤の含有率が少なめの台所合成洗剤を使うと、素手でも大丈夫だったりもします。
でも、アトピーの調子が悪くなると、それもダメになりますが…。

私の場合、石けん洗剤なら素手でも何ともないです。

合成界面活性剤入りの化粧品でアトピーの人が気をつけること

合成界面活性剤は別に肌を痛めつける為に、化粧品会社の人が配合しているわけではなく、薬効成分を浸透しやすくさせたり、つけた感触を良くしたり、製品を安定させたりする為に配合されています。

なので合成界面活性剤が入っていないから何でも良いというのが化粧品選びの難しい所です。
使用感が悪ければ、綺麗にしたいのに綺麗に仕上がらなければ、化粧品の意味がなくなってしまいますよね。

なので、毒性判定事典にも書かれている所ですが、なるべく合成界面活性剤の種類が少ないとか、配合量が少ないなどで選択していくしかないように思います。

また、最初はなるべく少ない、フリーのものを選ぶようにして、少しずつ足し算していけば自分の安全圏がわかりますよね。
このサイトでは合成界面活性剤についてはこのように考えています。

おすすめファンデーション

アトピーでも大丈夫!おすすめファンデーション

-成分
-,

Copyright© アトピーでも化粧がしたい!成分で選ぶ化粧品 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.