BBクリーム ファンデーション

合成界面活性剤不使用のBBクリーム~桜花媛ナチュラルBBクリーム

投稿日:

肌にやさしいBBクリームを探していて、合成界面活性剤不使用の成分良好なBBクリームを見つけました。
桜花媛ナチュラルBBクリームは、BBクリームの中でも比較的肌にやさしい成分の配合になっています。

メーカー 桜花媛
商品名 桜花媛BBクリーム
容量・価格 33g・2800円
2色
SPF SPF30・PA+++
成分特徴 合成界面活性剤不使用 紫外線吸収剤不使用 パラベン不使用 タール色素不使用
公式サイト http://www.sakura-princess.jp/index.php

BBクリームを調べていると、SPFは高いけど、紫外線吸収剤使用というものが多いのです。なので、まずはノンケミカルのBBクリームを探してみました。

またBBクリームという性質上、合成界面活性剤や合成ポリマーが入ってしまうのはある程度、仕方がないと考えています。

その中でも桜花媛のBBクリームは、なるべく肌に刺激のないような紫外線吸収剤フリー、合成界面活性剤フリーの成分良好なBBクリームです。

BBクリームはオールインファンデなので、あんまりお化粧に時間をかけられない!という人(小さい子のお母さん)などにはいいと思うのです。SPFも高めですし、夏は特にBBクリームタイプが重宝しそうです。

 

桜花媛ナチュラルBBクリームの特徴

保湿、美容液、下地、コンシーラー、ファンデーション、日焼け止め機能。
日焼けを防ぐ(SPF30/PA+++)
アロエベラ葉エキス
ソウハクヒエキス
ウンシュウミカン果皮エキス

サクラ型とアロエ型がある。

サクラとアロエの違いは配合成分の違い。
サクラ:ソメイヨシノ葉エキス、ボタンエキス、ユリエキス
アロエ:アロエベラ葉エキス、ソウハクヒエキス、ウンシュウミカン果皮エキス

パーフェクトBBクリーム成分チェック (アロエ)

成分良好な桜花媛ナチュラルBBクリームなのですが、ちょっとだけ気になることが。

エタノールが真ん中あたりに配合されているんですが、これが少し気になるのです。
私はエタノールの配合が多いとヒリヒリしたり、ガサガサ、乾燥するんです。

なのでなるべくエタノールフリーを選んできたんですが、桜花媛ナチュラルBBクリームには入っているんですよね。

@コスメ の口コミで「ひりひりする」っていう書き込みがあったのでちょっと気になりました。

エタノールが大丈夫な方なら押し!のBBクリームだと思います。

成分名 用途 毒性
溶剤  
シクロペンタシロキサン 合成ポリマー、溶剤
BG 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
酸化亜鉛 顔料、紫外線散乱剤  
酸化チタン 顔料、紫外線散乱剤  
エチルヘキサン酸セチル 油剤、エモリエント剤  
オクチルドデカノール 油剤、エモリエント剤  
グリセリン 保湿剤、変性剤  
PEG-10ジメチコン 合成ポリマー
ホホバ種子油 油剤、閉塞剤  
ジメチコン 合成ポリマー、閉塞剤
ジステアルジモニウムヘクトライト 表面修飾剤
エタノール 溶剤、可溶化剤、収れん剤
ベタイン アミノ酸誘導体、保湿剤  
ウンシュウミカン果実エキス 血行促進剤、刺激剤
アロエベラ葉エキス 保湿剤、口腔ケア剤
マグワ根皮エキス 保湿性、消炎性、育毛性  
ヒアルロン酸Na 半合成ポリマー、保湿剤  
クエン酸Na 緩衝剤、キレート剤  
グリチルリチン酸2K 香味料、消炎作用  
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 酸化防止剤、V.C誘導体
ローズウッド木油 香料、精油
ゼラニウム油 香料、精油
ジステアリン酸Al 感触改良剤  
トコフェロール 酸化防止剤、V.E  
フェノキシエタノール 防腐剤、溶剤、高沸点溶剤
タルク 充填剤、滑剤  
酸化鉄 顔料、紫外線散乱剤  
水酸化Al 不透明化剤、親水性増粘剤  
シリカ 吸着剤、不透明化剤  

おすすめファンデーション

アトピーでも大丈夫!おすすめファンデーション

-BBクリーム, ファンデーション
-, ,

Copyright© アトピーでも化粧がしたい!成分で選ぶ化粧品 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.